お金を借りる方法には何がある?お金を借りる方法100選。FPが教える「今すぐ、即日で、お金を借りるおすすめの方法」を徹底解説!

  • 「今すぐにお金を借りる必要がある!」
  • 「今日に手元にお金がないと困る」
  • 「お金を借りれる方法をすべて教えて欲しい。」

今日、明日、明後日、お金が必要な方というのは少なくありません。しかし、「お金を借りる方法に何があるのか?」を正確に理解している方はほとんどいません。当サイトでは、お金の専門家である「FP(ファイナンシャル・プランナー)」がお金を借りる方法の選択肢と、その中でおすすめできる方法を丁寧に解説します。

お金を借りる方法一覧

利用できる人お金を借りる方法借りるまでの時間審査担保備考おすすめ度
全体消費者金融でお金を借りる(消費者金融カードローン)最短60分×アプリやスマホ、コンビニATMで借入可能
全体銀行でお金を借りる(銀行カードローン)翌営業日×低金利
全体ネットバンキングでお金を借りる(ネットキャッシング)翌営業日×ネット銀行が中心
全体クレジットカードでお金を借りる(キャッシング)最短即日×すでにクレジットカードとキャッシング枠があればすぐに利用可能
全体農協(JAバンク)からお金を借りる(カードローン)最短1週間×組合員以外も利用可能、審査が厳しい
全体生活サポート基金でお金を借りる(生活再生ローン)最短5日×債務整理や税金支払いのための貸付
全体警察からお金を借りる(公衆接遇弁償費)最短即日×1人に対し、原則1,000円まで
全体質屋からお金を借りる最短30分×物品を預ける必要がある
全体親や友人からお金を借りる数分~数日×返済できないと人間関係にトラブルが発生
低所得者世帯など自治体からお金を借りる(生活福祉資金貸付制度)最短1カ月×総合支援資金交付までの当面の生活費の借り入れも可能
低所得者世帯など社会福祉協議会からお金を借りる(緊急小口資金)最短5日×10万円以内
学生学生ローンでお金を借りる最短即日×親権者の同意なく借りられる
生命保険加入者限定自分の生命保険からお金を借りる(契約者貸付制度)数分×解約返戻金の8割~9割が上限
担保定額貯金・担保定期貯金預金者ゆうちょ銀行(郵便局)からお金を借りる(担保自動貸付け)最短即日×担保定額貯金や担保定期貯金を担保とする貸付け
給与所得者労金(ろうきん)からお金を借りる(ろうきんローン)3営業日程度×団体会員の構成員以外も利用可能、審査が厳しい
給与所得者勤務先でお金を借りる(従業員貸付制度)最短1週間×従業員貸付制度のある会社のみ
公務員共済組合からお金を借りる(普通貸付制度)最短翌日×借り換えや借金の返済目的では借りられない
年金受給者年金を担保にお金を借りる(年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度)最短4日資金使途が限定される。保健・医療、介護・福祉、住宅修繕等、冠婚葬祭、生活必需品の購入など
不動産担保保有者不動産を担保にお金を借りる(不動産担保ローン)最短3日本人、家族の不動産担保提供が必要
法人経営者・個人事業主ビジネスローンでお金を借りる最短即日×事業資金の借入