ネット銀行でお金を借りる方法(ネットキャッシング)。メリットデメリット・お金を借りる手順も丁寧に解説

「銀行でお金を借りる方法は、どんな方法ですか?」
「銀行でお金を借りる方法には、どんなメリットデメリットがありますか?」
「どうやって銀行でお金を借りれば良いでしょうか?」

男性

銀行でお金を借りる方法(銀行カードローン/キャッシング)というのは、どのようにお金を借りる方法なのでしょうか?メリットデメリットも踏まえて、お金を借りる手順などを丁寧に解説します。

ネット銀行でお金を借りる方法(ネットキャッシング)とは?

ネット銀行とは

正式にはインターネット専業銀行と呼ばれ、営業上最小限必要な店舗のみで、基本的にはインターネットを介して、取引をする銀行のこと

を言います。

  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

などが、ネット銀行に分類されます。

ネット銀行でお金を借りる方法とは

ネット銀行も、通常の銀行と同じように、お金を預ける「預金」、お金を借りる「ローン」サービスを展開しています。

ネット銀行の場合は

  • 店舗なし
  • 通帳なし

の取引がベースであること以外には違いがないのです。

そのため、ネット銀行から、無担保でお金を借りる方法には

  1. カードローン(ローンカードの発行あり)、ネットキャッシングも可能
  2. ネットキャッシング(ローンカードの発行なし)

の2種類が用意されています。

ネット銀行の個人向け無担保ローンの状況は

  • ジャパンネット銀行 → ネットキャッシング
  • ソニー銀行 → カードローン、ネットキャッシング(サービスサイトでのお借り入れ)
  • 楽天銀行 → カードローン、ネットキャッシング
  • 住信SBIネット銀行 → カードローン、ネットキャッシング
  • auじぶん銀行 → カードローン、ネットキャッシング(振込サービス)
  • 大和ネクスト銀行 → 提供なし
  • GMOあおぞらネット銀行 → 提供なし

ですので、ローンカードがないものは、ジャパンネット銀行がネットキャッシングのサービス展開をしています。ジャパンネット銀行でコンビニATMから借り入れをする場合は、ローンカードではなく、キャッシュカードを利用する形になります。

また、ローンカードが発行される形のネット銀行でも、キャッシュカードでも借り入れが可能なものがあります。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングのサービスの概要

特徴

  • ローンカード不要
  • 口座開設必要(キャッシュカード必要)
  • 郵送物なし
  • 最高1,000万円の借り入れ可能
  • 自動融資・振込時自動借入
  • 30日間無利息サービスあり
契約手続き

口座がある方

  • 申込 → 本人確認書類の提出 → 仮審査・本審査 → 借入

口座がない方

  • 申込 → 本人確認書類の提出 → 仮審査・本審査 → キャッシュカードとトークンを受け取り、初期設定 → 借入
借入方法

  • スマホアプリ → 生体認証・パターンログイン → ジャパンネット銀行口座へ入金
  • ホームページ → 店番・口座番号・ログインパスワードでログイン → ジャパンネット銀行口座へ入金
  • セブン銀行ATM → キャッシュカードで借入

※キャッシュカードが届くまでの間、ジャパンネット銀行口座を開設するまでの間は、初回借入に限り、他金融機関への振り込みによる借り入れが可能

返済方法
  • ジャパンネット銀行の普通預金口座から自動引き落とし

上記が、ネット銀行のネットキャッシングの一般的なサービス概要となります。

専門家

今後、ネット銀行も、消費者金融と同じようにスマホアプリ、スマホのバーコードで銀行ATMから借入ができる機能を導入し、カードローンからネットキャッシングへ移行する可能性が高く、ローンカードなしでネットキャッシングができるネット銀行が増えてくるのではないでしょうか。

ネット銀行でお金を借りる方法(ネットキャッシング)のメリット

メリットその1.スマホアプリ、ウェブサイトから借り入れが可能

ネットキャッシングの最大の強みは

  • 24時間365日いつでも借り入れが可能
  • スマホがあればどこでも借り入れが可能

という点です。

限度額の範囲内で、枠に余裕があれば、24時間365日借入依頼をすれば、すぐに口座に入金される仕組みとなっています。
 
注意
注意点

基本的にネットキャッシングを提供している銀行の銀行口座であれば、入金が即時反映されます。しかし、ネットキャッシングを提供している銀行以外の銀行口座への入金の場合は、反映されるのがその銀行の営業時間に準ずるため、営業時間外だと翌営業日になってしまう可能性があります。

例:楽天銀行カードローンのネットキャッシング時間

楽天銀行

  • 24時間365日/即時

その他金融機関

  • 平日 0:10~14:45/当日中
  • 平日 4:45~23:50/翌金融機関営業日中9:00~15:00ごろ
  • 金融機関休業日 0:10~23:50/翌金融機関営業日中9:00~15:00ごろ

メリットその2.ローンカードがないネットキャッシングであれば自分以外の人にバレにくい

例えば、ジャパンネット銀行のネットキャッシングの場合

ローンカードは発行されません。発行されるのはキャッシュカードのみで、キャッシュカードを使ってコンビニATMから借り入れが可能になります。

ローンカードを手元に持っていると、ふとしたときに家族、親族、友人、知人に「これ何?」と聞かれてしまい、カードローンの利用がばれてしまう可能性もゼロではありません。

ローンカードがないネットキャッシングであれば、「もの(ローンカード)」を持たないため、誰かにバレる可能性は小さくなるのです。

メリットその3.残高不足サポート機能

ネット銀行のネットキャッシングは、ネット銀行の銀行口座と紐づいているため、「残高不足サポート機能」を利用できる銀行もあります。

残高不足サポート機能とは

  • 口座振替
  • デビットカードの利用
  • ATMでの預金引き出し
  • 他行への振込

などをした場合に、口座残高が不足していたら、その不足分をネットキャッシングで自動的に借入をし、利用できる状態にするサービスのこと

を言います。

例えば

デビットカードで買い物をするときに、口座残高が5万円で、購入したいものが5万4千円だった場合には、口座残高が不足しているため、支払いが完了しません。「決済できない」と店員に言われてしまうのです。

しかし、この残高不足サポート機能をONにしておけば、不足分の4,000円分がネットキャッシングで自動的に穴埋めされるため、支払いが完了します。当然、不足分の4,000円は、その後返済しなければならないため、返済日に口座から引き落とされることになります。

残高不足サポート機能があると、口座残高をあまり気にせずに銀行サービスを利用することができるのです。

メリットその4.借入可能額が大きい

ネット銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると、借入可能額が大きく、最大1,200万円までの借入可能となっています。

  • 消費者金融のカードローンの借入額相場:最大500万円
  • ネット銀行カードローンの借入額相場:最大500万円~最大1,200万円

です。

高額な借り入れを検討している方におすすめです。

メリットその5.やや低金利

ネット銀行のカードローン、ネットキャッシングは、金利が、消費者金融のカードローンと比較するとやや低金利の設定になっています。

カードローンによって差はありますが、条件付きで大幅に金利を下げているものも少なくありません。

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)

  • 通常:年率2.2%~17.5%(年率)
  • カードローンau限定割 誰でもコース:年率2.1%~17.4%(年率)
  • カードローンau限定割 借り換えコース:年率1.7%~12.5%(年率)
住信SBIネット銀行カードローン

  • プレミアムコース上限金利:年率7.99%
  • スタンダードコース上限金利:年率14.79%

金利引下げ

  • ミライノ カード(JCB)を保有し、当社口座を引落口座に設定 : 年0.1%引下げ
  • SBI証券口座保有登録済または、当社取扱い住宅ローン残高があるお客さま : 年0.5%引下げ

などがあります。

条件さえクリアすれば、上限金利が大幅に低金利になるネット銀行のカードローン、ネットキャッシングも少なくないため、低金利での借入ができるメリットがあります。

メリットその6.アプリを有効活用できる

ネットキャッシングが利用できるネット銀行の場合、スマホアプリをリリースしているところが多いです。

ネット銀行のアプリでは

  • 生体認証ログイン
  • 申込
  • 必要書類の提出
  • 審査
  • 残高確認
  • 借入
  • 返済
  • 利用限度額の増額審査申込
  • 返済日にプッシュ通知

などの機能があり

手元のスマホで借り入れ状況を常に管理することができるため、数値がレシートでしかわからないカードローンと比較すると、借り過ぎなどを防ぐ効果が期待できます。

メリットその7.返済日を自由に設定可能

ネット銀行のカードローン、ネットキャッシングは、口座引き落としで返済する形になりますが、口座引き落とし日(返済日)は、毎月○日と、利用者側が設定することができるため、

  • 給料日の後
  • 覚えやすい日

など、自由に設定することができます。

返済日が決まっていて、給料日との間隔が空いてしまうと、返済前に使い過ぎてしまうなどの問題が出てきますが、ネット銀行のカードローン、ネットキャッシングは自分で返済日を決められる分、計画的な利用が可能になります。

ネット銀行でお金を借りる方法(ネットキャッシング)のデメリット

デメリットその1.口座開設が必須だと借り入れまでに時間がかかる

ネット銀行の提供しているカードローン、ネットキャッシングでは

  • 借入方法が「そのネット銀行の銀行口座へ入金」
  • 返済方法が「そのネット銀行の銀行口座から引き落とし」

に限定されていることが少なくありません。

ということは、当然、銀行口座を持っていないといけないため、

注意
ネットキャッシング・カードローンの申込 = 銀行口座開設手続きも必要

となっているものが多いのです。

注意
銀行口座開設手続きが必要となると、それだけ余計な時間がかかってしまうため、お金を借りるまでに余計な時間がかかってしまうのです。

借り入れまでのスピードを考えると、大きなデメリットと言えます。

一部のネット銀行のカードローンでは、引き落とし口座を他行の銀行口座に設定できるので、上記のようなタイムラグは発生しません。

デメリットその2.ネット銀行の口座開設が必須だと、メインバンクを変えなければならない!?

前述した通りで、ネットキャッシングやカードローンを提供しているネット銀行の口座開設が必要になると

  • 返済方法が「そのネット銀行の銀行口座から引き落とし」

になってしまいます。

その銀行の銀行口座にある程度の残高を入れておかなければ返済できないことになってしまうため

  • 給与振込口座を変更する
  • 給与振込口座から自動送金する設定にする

必要が出てきます。手間が大きくなるデメリットがあります。

注意
また、残高が入っていないことで返済できなければ、個人信用情報にキズがついてしまうので、慎重な利用が必要になるのです。

デメリットその3.銀行口座に入金されてから、現金を手にするために引き出す必要がある

ネット銀行のネットキャッシングの場合

そのネット銀行の銀行口座であれば

  • 24時間365日、即時反映
  • 手元にスマホやネット環境があれば、どこでも借入が可能

なのですが、借入といっても、銀行口座の残高が増えるだけです。

クレジットカードやデビットカードを使って買い物をする、誰かに振込をするなど、銀行口座の口座残高さえあれば良い場合は、これで良いのですが・・・

注意

手元に現金が必要な場合は、キャッシュカードを使って、コンビニATMなどから引き出しをしなければならないのです。

これでは二度手間であり、ATMの利用手数料も発生するため、手間とコストがかかってしまうのです。

これは、ネット銀行のネットキャッシングの大きなデメリットと言えます。

デメリットその4.審査が厳しい

ネット銀行も、銀行であることには変わりがありません。

その上で

  • 低金利
  • 限度額が大きい

のですから、当然のようにカードローン/ネットキャッシングの審査というのは厳しくなります。

注意
保証会社は、消費者金融ですので、審査基準的には変わりはないのですが、低金利、限度額が大きい、銀行の取り分も必要な分、審査は厳しくならざるを得ないのです。

消費者金融のカードローンと比較すると、ネット銀行のカードローン、ネットキャッシングは審査が厳しいと考えておいて、間違えはないでしょう。

デメリットその5.店舗がないため、相談がしにくい

メガバンクの銀行カードローンとは、違い、ネット銀行のカードローン、ネットキャッシングは、何かトラブルや困りごとがあった場合には、アプリやウェブサイトの情報で解決するか、コールセンターに電話をして、対応することになります。

コールセンターがすぐにつながるのであれば、大きな問題はないのですが

「コールセンターに問い合わせが集中してつながらない。」
「コールセンターで、自動音声の対応に間違えて、番号を押してしまってやり直しになった。」
「コールセンターで、自動音声の対応にイライラする。」

男性

など、苦手な人にとっては、大きなストレスを感じてしまいます。

注意
店舗がある銀行のカードローンであれば、窓口に行って、親切な対応を受けてトラブルを解決することができますが、ネット銀行のカードローン、ネットキャッシングの場合は、ストレスを感じても、コールセンターで問題を解決しなければならないデメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA