海外FXとは?なぜ、海外FXでトレードするの?

「海外FXって何ですか?」

FXトレードをしていれば、多くの場所で「海外FX」という名称を見ることもありますね。今回は、「海外FX」ってそもそも何なのか?わかりやすく解説します。

海外FXとは?

海外FXとは

外国(海外)に本社があるFX業者のサービスを利用して、FXトレードをすること

を言います。

外国のFX業者でトレードすること = 海外FX

です。

「外国のFX業者でトレードすることなんてできるの?」

「できます。」

FXトレードは

外国為替(米ドル、ユーロ、日本円など)を別の外国為替(米ドル、ユーロ、日本円など)にトレード(交換)して、為替差益を得るトレード

です。

取り扱う商品が全世界共通の通貨ですから

日本のFX会社で米ドル/円のトレードをしても
アメリカのFX会社で米ドル/円のトレードをしても
イギリスのFX会社で米ドル/円のトレードをしても
ドイツのFX会社で米ドル/円のトレードをしても

「米ドルと日本円を交換する」という行為に違いはなく、世界中どのFX会社であっても、同じように米ドル/円でトレードできるのです。

FXトレードは、世界中どのFX業者であっても、トレードはできるのです。

ただし、その国の金融監督庁(日本の金融庁)のルールに即してサービス提供しているため、日本人がその国のFX業者を利用できない国もあります。

なぜ、海外FXでトレードするの?

「日本のFX業者でも、外国(海外)のFX業者でも、同じようにFXトレードができるのであれば、あえて外国(海外)のFX業者はあるの?」

「あります。最大の理由はレバレッジ規制です」

レバレッジ規制とは

2009年に金融庁によって「金融商品取引業等に関する内閣府令」が開催されました。

金融商品取引業等に関する内閣府令の改正の中身は

  1. 顧客の資産管理の方法を信託保全に一本化
  2. ロスカットルールの整備・順守の義務化
  3. 証拠金規制(レバレッジ規制)

の3本です。

このうちの証拠金規制のことを「レバレッジ規制」と呼ぶのです。

現行のレバレッジ規制ルール

  • 個人投資家:最大25倍(証拠金維持率4.0%以上)
  • 法人投資家:変動制(最大40倍~60倍)
    ※金融先物取引業協会が公表する最新の「為替リスク想定比率」に応じて決定

日本でFX業を営むためには、金融庁の登録(財務省登録)が必須であり、金融ライセンスを持っている日本国内のFX業者は、すべてレバレッジ規制の対象となってしまうのです。

海外に本社があるFX業者は、金融庁の登録(財務省登録)をしていないため、日本のレバレッジ規制の対象とはならず、その本社がある国の金融監督庁のルールに即して、自由にレバレッジを決めることができるのです。(日本法人の子会社を作って日本で営業している海外のFX業者ザクソバンク証券、IG証券、OANDA JAPANなどは金融庁に登録して営業しているため、海外の企業であっても、レバレッジ規制の対象となり、国内FX業者に分類されます。)

「このレバレッジ規制って厳しいの?」

「レバレッジ規制導入前までは、100倍、200倍というハイレバレッジが当たり前だったため、それを経験している投資家からすると、かなり厳しい規制となっています。」

「とはいえ、先進国では、多くの国がレバレッジ規制を導入しており、日本でのレバレッジ規制導入も致し方ないものと考えられます。」

米国のレバレッジ規制

  • メジャー通貨:最大50倍(証拠金維持率2.0%以上)
  • メジャー通貨以外:最大20倍(証拠金維持率5.0%以上)

EUのレバレッジ規制

  • メジャー通貨:最大30倍(証拠金維持率3.3%以上)
  • メジャー通貨以外:最大20倍(証拠金維持率5.0%以上)

「つまり、どういうこと?」

つまり

  • 海外FX業者でトレードする → レバレッジ規制が対象外
  • 国内FX業者でトレードする → レバレッジ規制の対象

となるため、

レバレッジ規制がない中でトレードしたい投資家が「海外FX」を選び、海外FX業者でトレードをしているのです。

レバレッジ規制対象外でどんなメリットがあるのか

「レバレッジ規制のある、なしでそんなにトレードって変わるの?」

「大きな違いが出てきます。」

  • 国内FX業者のレバレッジ:最大25倍(※レバレッジ規制適用)
  • 海外FX業者のレバレッジ:最大1,000倍(※海外FX業者自身が設定。業者によって異なる)

という業者で、10万円の資金でトレードした場合を想定します。

国内FX業者/1万通貨のポジション

米ドル/円:1ドル=100円で1万通貨のポジションを持った場合

  • 1万通貨に必要な証拠金 = 100円 × 1万通貨 × 証拠金維持率4.0% = 40,000円

60,000円分の含み損 → 強制ロスカット

海外FX業者/1万通貨のポジション

米ドル/円:1ドル=100円で1万通貨のポジションを持った場合

  • 1万通貨に必要な証拠金 = 100円 × 1万通貨 × 証拠金維持率0.1% = 1,000円

99,000円分の含み損 → 強制ロスカット

考察

同じ資金10万円で、1万通貨のポジションを持った時に

  • 国内FX業者 → 6万円しか負けられない
  • 海外FX業者 → 9.9万円まで負けられる

という違いが出てきます。

資金をできるだけ有効活用できるのは、レバレッジが大きい海外FX業者なのです。

6万円分でロスカットされてしまえば、取り返すことができませんが、9.9万円まで耐えていればその間にチャートが回復して利益を出せる可能性も出てきます。ギリギリまで耐えられるのがレバレッジが大きい海外FX業者と言えます。

国内FX業者/10万通貨のポジション

米ドル/円:1ドル=100円で1万通貨のポジションを持った場合

  • 1万通貨に必要な証拠金 = 100円 × 10万通貨 × 証拠金維持率4.0% = 400,000円

資金10万円では、10万通貨のポジションは持つことができない

海外FX業者/10万通貨のポジション

米ドル/円:1ドル=100円で1万通貨のポジションを持った場合

  • 1万通貨に必要な証拠金 = 100円 × 10万通貨 × 証拠金維持率0.1% = 10,000円

10万通貨のポジションを持つことができる

90,000円分の含み損 → 強制ロスカット

考察

そもそも、国内FX業者では、資金10万円で10万通貨のポジションを持つことができないのです。

海外FX業者では、資金10万円あれば、10万通貨のポジションを持つことが可能で、しかも、9万円の負けまで耐えられるのです。

少額資金でも、大きなポジションを持てるのは海外FX業者ということになります。

大きなポジションを持てれば、その分、1pipsあたりの利益が増えるので、儲けやすくなるのです。同じ資金でも、稼ぎやすいのは、レバレッジの大きい海外FX業者と言えます。

このような事実があるため、多くの日本人投資家が海外FXトレードに口座を移すようになったのです。

「海外FXのメリットは、レバレッジ規制の対象外ということだけですか?」

「海外FXには、レバレッジ規制以外のメリットも多いため、多くの投資家が海外FXトレードをはじめているのです。」

海外FXのメリットとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です